【穴場】草津温泉の露天風呂を堪能しよう!【西の河原露天風呂】

趣味の世界

すっかり草津温泉のファンになっているほうれん草です。

コロナ禍で国内旅行を考えている方、温泉で癒されたい気の合う仲間とのんびり気持ちよく過ごしたい、そのような方はきっと草津温泉が候補に入ることでしょう。

スーパー銭湯よりも広く景色のひらけている開放感ある露天風呂で手足を思いっきり伸ばして温泉にひたり、大きく息を吐いてリラックス。至福の瞬間ですね!考えただけで早く行きたくなります。

草津温泉で露天風呂をチェックされている方ならすでに気づかれてる方も多いと思うのですが、実は草津温泉、温泉はあれど露天風呂はそれほど多くないのです。

理由はよくわからず、僕も実際に行ってみて気づいたことなのですが、共同浴場や旅館でたくさん温泉を楽しむことはできるのですが、そのほとんどが屋内です。

僕は温泉も好きですが露天風呂の開放感が大好きなので、せっかくなので露天風呂を探して実際に突撃してきました。

スポンサーリンク

答えは「西の河原露天風呂」にあり

そして露天風呂としては申し分ない最高の場所がありました。

それが、「西(さい)の河原露天風呂」です。西を「さい」と読むのが良い感じです。

西の河原温泉

実物はこのように、広い露天風呂からフワッと立ち登る湯気、眼前に広がる山々という開放感溢れる最高のロケーションです。

草津温泉は共同浴場もそうなのですが、大浴場の有無はその旅館やホテルの設備に依存する形になります。ですので、友人たちとグループで楽しみたいという方はこのような大きな露天風呂で楽しまれることがおすすめです。

西の河原露天風呂_立て看板

西の河原露天風呂

▼オフィシャルサイト
http://sainokawara.com/

▼営業時間
4/1~11/30 7:00~20:00(最終入館は19:30まで)
12/1~3/31 9:00~20:00(最終入館は19:30まで)

▼料金
大人:600円 子供:300円

西の河原露天風呂は旅館などの施設ではないため、日帰り入浴が前提です。ですので、草津温泉の街並みを楽しみつつ散歩をしながら、この西の河原露天風呂を目指してみるのが観光のポイントです。

スポンサーリンク

西の河原露天風呂までの道のりは「楽しい非日常」

あまり紹介されてませんが、西の河原露天風呂に行くには「西の河原公園」を通り抜けていく必要があるのですが、この「西の河原公園」が実は見応えのある温泉スポットなのです。

西の河原公園

西の河原公園はなだらかに斜面になっているのが特徴です。西の河原露天風呂はこの斜面を登った奥にあります。そこが源泉となっているのですが、そこで溢れ出る温泉がこの西の河原公園をつたって流れているです。

そして冬場は特に目立つのですが、砂利道から湯気がフワフワと登っていく光景はなかなか風情があります。昔の人はこれを「地獄」のように表現して恐れていたようですが、現代では完全にインスタ映えです(笑)

西の河原公園の様子

実際に触れてみると分かるのですが、実際に温かく温泉であることが肌で感じられます。西の河原露天風呂までは足湯スポットも点在してますので、ちょっとフライングして足湯を楽しみながら奥へ進むのもありです。

スポンサーリンク

草津温泉を楽しむならハズせない他のポイント

温泉といえば露天風呂で楽しみたいよくばりな僕を満足させてくれる「西の河原露天風呂」。ぜひ草津温泉の旅行を考えている方は訪れてみてください。

温泉×露天風呂×景観」この三拍子揃った時の開放感はたまりません。

そして特に現在はコロナ禍と言われている時代です。この記事を書いている2021年3月も緊急事態宣言が出ている状態です。

やはり新型コロナウイルス感染を気にして温泉旅行も行きづらい、という方は多いと思います。実は僕が今回旅行先を草津温泉に選んだのには理由があります。

それは「草津温泉が新型コロナウイルスの不活化に効果がある」ということが科学的に証明されたからです。

だからといって感染対策をおろそかにして良いというわけではありません。ただ、これ以上ないリスクヘッジと考えられましたので選びました。

その詳細は別の記事で書いておりますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

また、僕はよくばりな性格なので、宿もこだわり抜きました。

温泉×ネコ」で温泉とネコのダブルで癒しをもらおうと、今回は中村屋旅館を利用しました。

食事やネコとの過ごし方の詳細も別の記事でまとめてありますのでぜひこちらも参考にしてみてください。

「温泉×露天風呂×ネコ」ここまできたらもうお腹いっぱいという方も多いかもしれませんが、よくばりな僕はまだ押さえておきたいところがあります。

それは「食」です。草津の名物はなんだと思いますか?あまりパッと思い浮かぶ方も多くないのが実際のところではないでしょうか?

僕もそうだったのですが、草津温泉を訪れて、実際に食べてみてその美味しさに感動しました。それは「舞茸」です。

もちろんこの「舞茸」のお話も記事にまとめてありますのでぜひこちらも参考にしてみてください。

自分で言うのもいやらしいですが、この一泊二日の草津温泉旅行を思いっきり楽しむことができたと感じています。

ぜひこれから旅行を楽しみたいと考えている方のために、僕の体験が参考になると嬉しいです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました