【プログラミング】TECH::CAMP(テックキャンプ)イナズマコース 5日目【スクール】

フリーランス

2019年5月1日(水)
イナズマコースの5日目です。

「睡眠の質」を上げるために取り入れている「瞑想」に加え、22時以降はPC  SPの断捨離を実施しました。だいたい寝るのは24時くらいなので約2時間ほど電子機器から解放されます。

それが良かったのか、体の調子がすこぶる良いです。
まだサンプル日数が1日だけなので断言はできませんが(笑)
効果を実感するためにこれも継続しようと思います。

ちなみに渋谷では、「令和の初売り」と題してセールを行ってました。元号が変わることの経済的影響ってどれくらいなんですかね?

スポンサーリンク

1日のスケジュール

■イナズマコースの一日のスケジュール
11:00 イナズマ朝礼
12:00 学習開始
21:00 終礼

5日目はこんな感じです。
気になるイナズマ朝礼ですが、5日目のワークは夢があって良かったです。

テーマは、『アプリのプロトタイプを作ってみよう』です。
手順は以下のように進みました。

■イナズマ朝礼のワーク
①自分が思い描くサービスを紙に書きだす。
②近くの人と二人一組になって、お互いにサービスを紹介しあう。
③スマホ画面を想定した縦長の長方形の中に、
 サービスのイメージ(UI)を絵で表現する。
④それをペアの人と説明しあう。
⑤「Marvel App」というアプリを使って、書いた絵をアプリで取り込んで、
 サービスイメージをより明確にする。

なかなか夢があって良いです。
僕は新しいブラウザ機能的なものを考えてました。ペアアップした人は、「課金機能の充実している音ゲー」でした。
お互いに、サービスを思いつく背景に何を思うのか話し合うのはとても刺激的です。

モチベーションの高まる良い朝礼でした。

朝、教室に入って少し気になったのですが、「人が減っています」。
始めは電車が遅れてるのかな?とも感じたのですが、学習を開始してからも人が少ないです。

少なくとも初めの1割程度の人がいないように感じました。
やっぱり挫折する人が多いのかな?と受け止めてしまいますね。

イナズマコースは拘束時間が長いとはいえ、基本的に自分のペースで学習を進めるものなので、置いてかれるということはまずありません。
とりあえず教室に来れば学習は進められます。

令和のカウントダウンでみんな疲れちゃったのかな?とも考えたのですが、できれば同期としてたくさんの知った顔と卒業したいですね。

学習開始

5日目にしてようやく心と体がこの学習スタイルに馴染んできたように感じます。

僕は前日で読み進めたRuby on Railsが全く頭に入ってこなかったので、そこの学びをもう一度進める所からスタートです。

■僕のスケジュール
12:00~12:30 やることの整理
12:30~13:30 Railsの学び
13:30~14:00 お弁当タイム
14:00~21:00 Railsの学び

本当はRailsを早々に終わらせて、次のステップに進みたかったのですが、想像以上にRailsに時間がかかりました。よくよく学習目安の時間を見てみると、Railsだけで1日とっています。

これで僕の学習時間は目安よりも約1日分遅れて進行していることになります。

正直悔しいのですが、学習時間が目標ではないので、しっかり自分で理解して納得しながら進めていきます。学習時間を早める方法はまた別で考えて実践していきます。

とはいえ、Railsは1読目は難しく感じたのですが、改めてテキストを読んでみると分かりやすかったです。サーバーの構成と、Railsの仕組み、そして構築しなくてはならないデータベースなど、それぞれの立ち位置が明確です。

そしてそれらをつないぐためにはどうすれば良いのか?という点がしっかり順を追って解説されてました。自分でサーバー側を構築できるほどのアウトプットはまだできませんが、日をあらためて学習するだけで、これだけ理解度が違うのか、と驚いた点でもあります。

少し気になっているのは、イナズマコース前半で学習したRubyのプログラミング内容が、このRailsとどのように絡み合うのか?という点です。

恐らくこの後に登場してくるような気もするので、6日目もテキストに従って愚直にコツコツ進めていきます。

5日目を終えて

心身共に慣れてきた5日目ですが、やはり10時間の長丁場で集中力を保っているのは難しいです。
僕の場合、昼食後から夕方にかけてが一番集中力が落ちます。この時にどのような学習方法を取るのかはまた考えないとですね。

ちなみにお弁当生活は続けています。水もコーヒーも持参です。初日以外は無駄遣いをせずにここまで来ました。

正直、集中力が落ちてくると甘いものでも食べて気分を変えたい、、、
という欲求が出てくるのですが、それは完全に無駄遣いだと思うので考えないようにしています。

ただでさえイナズマコースで15万程度の出費をしているのです。
周りの席の人のPC周りに、空のペットボトルやお菓子の袋が目立ちますが、「お金あるな~」と感心してみています。

お金に関して言えば、以下のようになると考えてます。

プログラミング学習→スキルアップ→仕事の幅を広げる→単価アップ→収益アップ

このような構図です。
プログラミング学習から収益アップまでは少し距離があります。
その間は現状の収入のままだと考えると、プログラミングをすることと飲み物やお菓子をセットで用意することは、今のうちからクセにならないようにすべきだと考えます。

考え方はそれぞれですが、お金を稼ぐよりも、自分が本当に満足できるお金の使い方を知る、という方が難易度は低いと考えてます。
その結果、自分の生活費がみるみる下がって余ったお金で自己投資ができるわけですから。

帰りに写真を撮り忘れたので本日はテキストです。
5日目が終了、お疲れ様でした!!!!!

TECH::CAMPの即戦力エンジニア養成プログラム【TECH::EXPERT】

コメント

タイトルとURLをコピーしました