【心理学】見て見ぬふりをするのはなぜか?_傍観者効果

フリーランス

心理学のおもしろいところは、日常生活の何気ないできごとが心理学という学問を通してみると非常におもしろい人間の習性が分かる。という点です。

 

今回ご紹介するのは傍観者効果と呼ばれるものです。

 

誰でも人生で1度は「見て見ぬふり」をしたことがあると思います。

 

見るからにやっかいそうなできごとに関わりたくないですよね。

 

わざわざ関わって、時間と労力を奪われるくらいなら見て見ぬふりをしてやり過ごそうというのが人の心情として自然です。

 

今回はこの「見て見ぬふり」が発生する理由を心理学的に解説していきます。

 

▼この記事の参考になる人
・見て見ぬふりで、助けてもらわなかった経験のある人

・人として見て見ぬふりが良いのか悪いのか考えてる人
・心理学に興味のある人

 

ぜひ楽しんでいってください^^

 

スポンサーリンク

「見て見ぬふり」の理由が発見されるきっかけはある事件

1964年のニューヨークで起こった事件があります。

 

深夜に女性が住宅街で暴漢に襲われて刺殺される事件が発生しました。

 

犯行は30分以上に及び、犯行現場の前にあるアパートの住人38人がこの事態に気づき、中には窓から事件を目撃した人もいました。

 

ところが、38人もこの事態に気づいたにも関わらず、誰一人彼女を助けるために外に出ようとしなかったり、警察に電話することすらしなかったのです。

 

この事件は当初、大都会の人間関係の冷淡さや無関心さが背景にあるなどと多くのメディアで取り扱われました。

 

しかし一部の心理学者の仮説は異なります。

 

大勢の人がいた「のに」助けられなかった。のではなく、大勢の人がいた「から」かえって助ける行動が抑制された。というものです。

 

この仮説を確かめるために行われたの、傍観者実験と呼ばれるものです。

 

スポンサーリンク

傍観者実験であきらかになった「見て見ぬふり」

傍観者実験は以下のようなイメージで行われました。

 

結果はその仮説を裏付ける決定的なものとなったのです。

 

傍観者効果、その実験について

 

結果的に他者が大勢いる環境において、個々人が感じる責任の度合いが薄くなるということがわかりました。

 

これを上述の事件にあてはめて考えると、「これだけの住宅街で派手に起きているのだから、誰かがすでに助けに動いていたり、誰かが警察に電話したりしているだろう」という思考を38人に想起させたことの説明がつきます。

 

このような、他者が多くいる環境で個々人の責任感が薄まる状況は「傍観者効果」と名付けられました。

 

スポンサーリンク

身近に起こっている傍観者効果

この傍観者効果は我々の身近なところで起こります。

 

例えば、急に体調を崩してその場で人が倒れた時、そこが大型ショッピングモールで人の賑わう場所だったときなどです。

 

僕のような会社員も同じようなシチュエーションが起こります。

 

あるプロジェクトが失敗に終わって上司から責められている時。

 

それが個人や少人数で行っているものなのか、大人数のプロジェクトなのか、これによって個々人の受け取り方は大きく変わってきます

 

さらに会社で言うと、全社で掲げられている目標と個人成績の受け取り方が全然違うのは、この傍観者効果が1つの要因として働いているからだと説明ができます。

 

そのため、会議の中で同僚が上司に叱られている時はどこか他人事に周囲の人は黙って見ているはずです。「人の振り見て我が振り直せ」という言葉がありますが、これは難しいことに考えられますね。

 

スポンサーリンク

さいごに

今回ご紹介したこの傍観者効果は我々の日常のなかに根付いています。

 

ふとした瞬間に、「これは傍観者効果だな」と状況を理解できれば次の周囲の行動を予測でき、自分にとってメリットのある行動を選択できそうです。

 

この傍観者効果でネガティブに働く事例を今回ご紹介したのですが、これに自分の身を守るための防衛法が存在します。

 

それは以下の記事でご紹介しておりますので、興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

また、今回ご紹介した心理学は以下の本を参考にしております。

 

今回の傍観者効果以外にもおもしろい心理学が紹介されているのでぜひ手に取って見てください。

 

それでは。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました